救急車は有料化すべかどうか

国の財政等審議会が、救急車の一部有料化を検討するよう提言した、というニュースを見ました。以前から、救急車を気軽に呼んで使ってしまう人が増えて、救急現場が困っているという話はよく聞かれ、救急車の有料化という言葉も出ていたので、とうとう、検討を始めたのか、と思いました。個人的には、もっと早くから有料化を真剣に検討するべきだったと思います。

救急車をタクシー代わりに呼んでしまう人はもちろんひどいと思いますが、本当はたいしたことがなくても本人はとても不安になって救急車を呼んでしまうというケースも多いと思います。でも、たくさんの人が救急車を呼んでしまったために、本当に必要としていた緊急の患者さんが救急車がなかなか到着せずに手遅れになってしまう、という事態も考えられます。
フリーローン審査
では、有料化すれば解決するのかというと、今度はお金がないから、非常事態にも救急車を呼ばないで我慢してしまう人が現れるかもしれない、という問題もあります。本当に必要だった人からはお金をとらない、というルールはもちろん必要ですが、生活保護者や母子家庭などは有料にしない、あるいは安い金額にする、というような配慮など、きめ細かいルールを考えてほしいと思います。

システムを明確にすれば、救急車の問題は解決するかもしれませんが、根本的には、モラルの低下が招いたことだと思うので、とても残念な状況だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です