新国立競技場の計画白紙見直し

安倍首相が新国立競技場の建設計画の白紙撤回、ゼロベースでの見直しを表明しました。誰が責任を持っているのか分からず、迷走していた問題に一定の結論を示しました。

あの悪評高いアーチを特徴とするデザインでの建設見積もりが、1300億円から2500億円の信じられない巨額へと跳ね上がったのです。

国民の多くの声として、無駄遣いとの意識が強く、しかも建築家の中でも、それ以上の金額になるかも知れないと言った声や、構造体として無理があり、建設不可能な事も考えられるとも声が上がっていました。

ここ数年のオリンピックのメイン会場の平均建設費は500億円で、これと比べても桁違いの金額です。IOC総会では安上がりのオリンピックに向けた合意をしたばかりで、この2500億円と言う桁違いの金額は、その合意精神にも反し、出来上がったとしても非難の声が上がる可能性があったのです。

しかし、安倍首相が見直しを表明すると、今度は安倍首相が招致の最終プレゼンで、新国立競技場は今までになかった全く斬新なものを建設すると語った国際公約に反すると言うマスコミの論調が出だしました。更に、オリンピックの1年前に開催されるラグビーワールドカップに見直し後に建設される国立競技場が間に合わないと言う発言を捉えて、ラグビーワールドカップに詳しいと言う人物を引っ張り出し、その人のラガーマンは新たな競技場での試合を夢見ており、夢を叶えられない事はラグビイーワールドカップの価値を半減すると言った発言を取り上げ出しました。

ラガーマンが本当に新しい競技場でなければワールドカップの意味が半減すると考えているのなら、そんな選手はスポーツマンとは言えないでしょし、本当にそんな風に考えているとは思えません。為にするような反論は、マスコミとしていかがなものかと考えさせられた政治的動きでした。キャッシング専業主婦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です