森友学園問題 籠池理事長の証人喚問に対する安倍首相のコメントについて感じたこと

3月23日に大阪府の国有地払下げ問題で渦中の森友学園・籠池理事長の証人喚問が衆参両院で行われました。

この証人喚問で、籠池理事長は、安倍首相の夫人から100万円の寄付を受け取ったと改めて主張しました。

籠池理事長によると、昭恵夫人は人払いをして理事長と二人きりになった際に、「安倍首相から」と言って封筒に入った100万円の現金を渡したそうです。

この証言に対して、安倍首相は、籠池理事長の証言は嘘だと明白に否定しました。

さらに、二人きりだったなどと反証できない状況を持ち出しているについて、卑怯だとも言っています。

また、昭恵夫人本人も、「寄付金を渡したことはない」「人払いなどしたことがない」と否定しています。

これに対して野党は、昭恵夫人や財務省の担当者、大阪府知事などの証人喚問を要求しましたが、いずれも自民党が拒否しました。

安倍首相は、昭恵夫人の証人喚問拒否に関して、以下の趣旨の答弁をしました。

「籠池氏は、場合によっては罪に問われるかもしれない立場である。だから、証人喚問が必要だった。しかし、私の妻にはそのようなところが全くないのは明白である。だから、証人喚問など必要ない。」

これは、非常におかしな発言だと思います。

安倍首相は、国会が何をするところかご存じないのではないでしょうか。

国会は、言うまでもなく立法府です。

つまり法律を作るところです。

何か問題があって、現在の法律では対応しきれないとき、新たな法律を作ったり、今の法律を改正したりするのが仕事です。

このために、証人を読んで話を聞く必要があれば、呼ぶことになっているのです。

このことは憲法にも書いてあることです。

憲法の証人喚問について書かれた項目には、罪に問われるかどうかなどは全く書かれていません。

立法に必要かどうかだけで判断するようになっています。

まさか、あれだけ憲法改正の必要性を叫んでいた人が、現在の憲法を正確に知らないのでしょうか。

こんな人が憲法改正をしようとしているなど、とても怖くなりました。

勤務先連絡なしでおまとめローンは通るのか?
おまとめローンの審査では勤務先への連絡なしで本当に審査に通るのか調べてみました。もしあなたが本当におまとめ審査に通りたいなら、こちらの記事が参考になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です