若い人たちへ選挙権が

選挙権が18歳以上になる法案がとおり、来年から18歳以上が選挙に参加できるようになりました。とてもいいことだと思います。家庭で政治の話をする機会が増え、若い人たちが将来のことを考えるようになればいいなと思います。

でも、同時に70歳以上の高齢者の選挙権をなくしても良いのではと思います。

この前大阪で「大阪都構想」の住民投票が行われました。接戦の結果、反対派が勝ちました。

反対派の多くは高齢者だったそうです。これからを担う若い人たちは、将来についていろいろ考えて賛成に投票したんだと思います。10年後に今の高齢者がどのぐらい残っているかは分かりませんが、投票した若い人たちよりは少ないと思います。本当に将来のことを考えて投票したのは、若い人たちだと思います。でも、負けてしまいました。選挙が終わった後、テレビなどでは賛成が良かったというような風潮な気がします。

いち大阪での出来事でしたが、これが日本の現状だと思います。

政治家も支持者も高齢者。

若い人たちがいくら考えて投票しても、先の短い高齢者に負けてしまうのです。

せっかく選挙権が18歳以上になるのであれば、70歳以上の選挙権をなくして、これからを担う若い人たちの意見が反映されやすくなってほしいと思います。

そうすれば若い人たちがもっと政治に興味を持つようになるのではと思います。カードローン即日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です