カテゴリー別アーカイブ: 審査基準について

金融会社からお金を借りる時の主な審査基準は年数と安定性

金融会社から借りる時の審査基準としては、年数と安定性があります。

まず前者ですが、いわゆる勤めていたり住んでいる長さを指します。金融会社に対する申込書には、勤続年数や居住年数といった表現が用いられている事が多いですね。

そして年数は、基本的には長い方が有利になります。例えばお勤めの年数が半年足らずの方よりは、3年や5年など長い方がお金を借りやすくなる傾向があるのです。金融会社としても、腰が落ち着いているという印象を抱くからです。また住んでいる年数も同じです。

具体的に何年くらいなのかが、金融会社によって様々ですね。1年目安という会社もあれば、半年前後でも問題ない会社など色々です。

それともう1つの安定度とは、所得に対してです。所得は安定度が高い方が、借りやすい傾向があるのですね。毎月の収入がバラバラな方よりも、ほぼ一定している方が借りやすい傾向がある訳です。思えば上記の勤続年数からも、安定性が垣間見えますね。勤続年数が5年の方などは、安定していると見なされるのでお金を借りやすい傾向がある訳です。

ただその基準も、各社様々です。比較的借りやすい会社もあれば、やはり厳しい会社などもありますね。一般的に銀行などは、やや厳しめな傾向がある訳です。