8%の消費税が当たり前になって、1年が過ぎた

消費税が8%になって、1年が過ぎた。現在30代前半である私は、物心ついた時にはすでに消費税があるのが当たり前で、3%も5%も、それほど抵抗はなく、日々の生活の中の1部として過ごしてきた。

ただ5%から8%になった現代の消費環境で1年過ごしてみて、実感として、消費増税がこれほど”呑み込みにくいものだったのか”という驚きが、今になって心に押し寄せている。正直いって、生まれて初めての感覚かもしれない…

8%になって一番「増税」を実感したのは、元値と課税後の実売価格に、かなり開きがあることだった。正直3%の時はここまで価格に差はなかったし、5%でも、(数値のマジックとでもいうべきか)その計算のし易さが、あまり2つの価格の剥離を感じさせていなかったように思う。ただ8%になると、元値と実売価格があまりにも離れてきてしまって、税金というその負担が、だんだんリアルな響きとなって”重み”になってくる。計算がしにくくなってしまったことも、それに一層拍車をかけた。

一旦気になると、負担が増えた分ばかりに目が行ってしまって、どうしても自分の財布の中身を考えてしまう。消費税に慣れきっていた世代の私でさえそうなのだから、上の世代の方はなおさら負担を感じているのだろう。

それでも財源が少子高齢化の対策に使われるなら、まだこの苦しみも浮かばれよう。ただ、子育て第一世代の今の私たちの金銭感覚が消費税で寂しくなっているのも、また事実である。

今後の日本は、どうなっていくのだろうか。せめて3%増えた分の泣き笑いが、未来の確かな肥やしとなって繋がればいいのだが。消費者金融審査勤務先

救急車は有料化すべかどうか

国の財政等審議会が、救急車の一部有料化を検討するよう提言した、というニュースを見ました。以前から、救急車を気軽に呼んで使ってしまう人が増えて、救急現場が困っているという話はよく聞かれ、救急車の有料化という言葉も出ていたので、とうとう、検討を始めたのか、と思いました。個人的には、もっと早くから有料化を真剣に検討するべきだったと思います。

救急車をタクシー代わりに呼んでしまう人はもちろんひどいと思いますが、本当はたいしたことがなくても本人はとても不安になって救急車を呼んでしまうというケースも多いと思います。でも、たくさんの人が救急車を呼んでしまったために、本当に必要としていた緊急の患者さんが救急車がなかなか到着せずに手遅れになってしまう、という事態も考えられます。
フリーローン審査
では、有料化すれば解決するのかというと、今度はお金がないから、非常事態にも救急車を呼ばないで我慢してしまう人が現れるかもしれない、という問題もあります。本当に必要だった人からはお金をとらない、というルールはもちろん必要ですが、生活保護者や母子家庭などは有料にしない、あるいは安い金額にする、というような配慮など、きめ細かいルールを考えてほしいと思います。

システムを明確にすれば、救急車の問題は解決するかもしれませんが、根本的には、モラルの低下が招いたことだと思うので、とても残念な状況だと思います。

楽天カードの便利な使い方

楽天カードは楽天スーパーポイントがどんどん貯まります。楽天でよくいろんなものを購入する方はとくにオススメです。

楽天で使うだけじゃなく外出した際にスーパーや外食時の支払いにも利用でき、そのたびに楽天スーパーポイントが貯まります。楽天イーナビで今までの購入したものや今月いくらになっているかなどを確認することができます。

また楽天イーナビでは不定期でオススメキャンペーンをやっておりエントリーをすればもっと楽天スーパーポイントが貯まりやすくなります。例えば、分割払い手数料全額ポイント還元やネットキャッシング振り込み予約ご利用で100ポイントキャンペーンなどほかにもいろいろあります。

ネットショッピングは楽天じゃなくほかのAmazonなどでも使用することができます。楽天をよく使うかたにはオススメのクレジットカードになります。

楽天イーナビは携帯からもスマホからでもみることができ、クレジットカードの使いすぎを防ぐため自分で上限を設定することができます。お支払い方法も楽天イーナビを使えばいつでもリボ払いに変更したり分割払いへの変更も可能です。

また楽天カードをご家族やご友人に紹介すれば楽天スーパーポイントがもらえます。

知っているとお得です。テレビのCMでも有名なプロミス審査を利用する最大のメリットは「安心感」です。

果たして学生は借りる事はできるか

金融会社からお金を借りようと考えている学生は、しばしば不安を覚えています。というのも金融会社では、必ず申し込み者に対する審査を行っています。その際の基準の1つは、安定した所得の有無なのですね。所得が無いと判断された時には、借りるのが難しいケースは確かにあります。

そして学生によっては、現在働いていない事もしばしばあります。アルバイトをしていれば所得はありますが、働いていなければもちろん所得は無いのですね。ですので後者の学生は、果たして借りる事ができるかどうか不安になっている訳です。

しかし実際には、学生でも問題ない事がほとんどです。というのは金融会社は、同居人を見ている事が非常に多いのですね。現在働いていない学生でも、ご家族の方と住んでいる事もあるでしょう。同居人のご家族に安定した収入があると判断されれば、借りられるパターンも非常に多いです。

しかも同居している学生の場合は、持ち家に居住していますね。同居人のご家族が保有しているマイホームに住んでいるのですが、金融会社は賃貸よりもマイホームを高く評価している事が多いのです。

現に金融会社から問題なく借りる事ができている学生の方々も、多数いらっしゃいます。数ある職業の中でも、学生は比較的審査に通りやすいと考えられますね。

主婦はお金を借りる事はできるか

主婦の方々は、しばしばお金を借りる事ができるかどうかを心配しています。なぜなら金融会社から借りるとなると、安定した所得が求められる事が多いからです。

特に心配している事が多いのは、「専業」の方ですね。その方々の場合は、パートなどで働いていないからです。兼業の方々は、もちろん働いていますね。

そして金融会社は、申込者の所得の安定度というものを見ています。やはり安定した所得が無い方の場合は、ちょっと融資が難しくなってくる傾向があります。専業主婦は安定した収入が無いと見なす会社も、やはり少なからず有ります。ですので専業の方は、金融会社によっては借りるのが難しくなる事もしばしば有るのですね。それで冒頭のように心配している主婦の方もいらっしゃる訳です。

逆に兼業の方は、話は別です。金融会社が安定した所得があると判断した時には、兼業の方は借りられる事が多いですね。

しかし「全て」の金融会社にて、主婦の方は難しいという意味ではありません。中には専業の方でも、特に問題無い金融会社もあるのです。

ただしその際にも、やはり金融会社から審査は行われる事になります。一般的にはご主人の所得の状況が見られる事が多いですね。もちろんご主人の所得に何も問題がなければ、借りられる訳です。

お金を借りる時の金利とそれを左右する様々な要素

どこかの金融会社からお金を借りるとなると、たいてい金利が発生します。いわゆる手数料ですね。

その手数料は、パーセンテージで表記されている事が多いです。例えば手数料が18%になっていて、100万円を借りたとしましょう。その際には、1年で支払う手数料のトータル額は18万になるのです。もっとも実際には、日割りで計算される事になるのですが。

そのパーセンテージは、利用限度額と呼ばれるものに左右される事が多いです。そもそも金融会社から借りる事ができる金額には、上限があるのですね。その上限額の高低で、手数料が変わってくるパターンが多いです。例えば限度額が20万円と設定された時には手数料は18%ですが、100万円と設定された時は17%台などの具合です。基本的に限度額が大きくなれば、手数料もリーズナブルになると考えて良いでしょう。ちなみに限度額は、金融会社の審査によって決定される事になります。

ただし手数料も、会社によって色々ですね。一般的に銀行関係の金融会社は、やはり手数料は低めに設定されている事が多いです。最大年利が15%になっている金融会社なども、しばしば見られます。それに対して銀行ではない金融会社の場合、18%台になっている事も珍しくないのですが。ですので金利の高低で、自分に最適な金融会社を選んでいる方も多いですね。

銀行からお金を借りる主たる3つのメリットとは

お金を借りる方法の1つは、銀行です。そこからお金を借りるメリットは、主に3つ考えられます。

まず1つ目ですが、手数料が比較的リーズナブルになります。銀行以外の会社から借りるとなると、一般的には消費者金融になるでしょう。ただその金融会社の場合は、総じて手数料が高めになっています。手数料が18%前後になっている会社が多いですね。それに対して銀行の場合は15%台や14%台など、比較的低めになっている訳です。ですのでお金を借りる時のコストを抑えたいと考えているのであれば、銀行で借りるのが良い訳です。

また銀行の場合は、年収による規制が発生しないメリットもありますね。銀行でない所から借りるとなると、年間収入の30%までに限定される事が多いのです。つまり年収が200万円の方であれば、最大60万円までしか借りる事ができません。いわゆる総量規制ですね。ところが銀行の場合は、そのような規制が無いのです。ですのである程度まとまった資金を調達したい時には、銀行などは良いと考えられるでしょう。

ただし銀行の場合は、ちょっと審査に時間がかかる傾向があります。中には申し込み翌日でないと、借りる事ができない所もあります。もっとも、それを銀行によって色々なのですが。ですのでスピードを求めるのであれば、消費者金融の方が良いかもしれませんね。しかし手数料などを考慮すれば、総じて銀行の方がお得だと考えられます。

借りるのが困難なブラックとその種類

私たちは、たまにブラックという表現を耳にする事があります。簡単に申し上げれば、金融会社からお金を借りるのが難しい方々を指します。

ただブラックと一言で申し上げても、色々な種類がありますね。例えば、一度に多くの会社に申し込んでしまっている方々です。1つの会社ではなく、一気に複数の金融会社に申し込んでしまっている方もたまにいらっしゃるのですね。そのような方の場合は、ちょっと借りるのが難しくなる事が多いと言われています。いわゆる申込みブラックと表現される事が多いですね。ですので複数というより、できれば1つの会社で申し込みをする方が良いでしょう。

それと過去の滞納や事故の有無です。金融会社から借りるとなると、もちろん期日が設定される事になります。返済の締切日に間に合わなかったとなると、金融会社が共有している情報システムに登録されてしまうのですね。それで、以後は借りる事が難しくなってしまうケースもしばしばあります。いわゆる金融ブラックの状態になります。

それと後者の事故なのですが、例えば過去に弁護士を通じて借金の減額をしていたり破産をしていたりすると、借りるのが難しくなる事も多いですね。それも金融ブラックの1つなのですが。

つまりブラックと言っても、2種類ある訳ですね。そのような状態になれば、やはり金融会社から借りるのが難しくなると考えて良いでしょう。

お金を借りる為の主たる2つの方法とそれぞれのメリット

お金を借りる方法には、主に2つになります。銀行などの金融会社から借りる方法か、誰か親戚などに声をかける方法ですね。

どちらの方がメリットが大きいかは、考え方は人それぞれでしょう。ただ人間関係などを考慮すると、前者の方がメリットが大きいという意見が根強いです。

そもそも借りる為に親戚に声をかけるのは、かなり勇気が要りますね。以前に私もお金を借りる為に声をかけた事があるのですが、かなり勇気が必要でした。ある程度人間関係が構築されていただけに、なおさら声をかけづらいのですね。

ところが金融会社などの場合は、そのような感情が発生しないことが多いです。相手は業者ですので、人間関係に影響が発生するような事もありませんね。ですね金融会社から借りる方法の方が、ある意味気軽と言えるでしょう。

ただし手数料も考慮すれば、金融会社の方が良いとも言えません。というのもそのような会社では、やはり手数料が発生する事が多いのですね。たいていは年利という表現が用いられていて、そこそこまとまった金額になります。しかし親戚から借りる時には、そのような手数料が発生しない事も多いです。

つまり手数料を優先するならば親戚から借りる方が良く、人間関係を重視するならば金融会社の方が良いでしょう。どちらを優先するかで、最適な方法も異なってくる訳です。

お金を借りる為の様々な言い訳と金融会社のメリット

親戚からお金を借りている方々は、しばしば口実を探しているようです。というのも親戚にお金を貸して欲しいとは、やはり言いづらいものなのです。それで自分がお金を借りる理由がもっともらしく聞こえるように、親戚に対する言い訳を考えている方もいらっしゃる訳ですね。

全般的には、第三者を理由に言い訳をしている事例が多いようです。例えば友達の冠婚葬祭に出席をしたいものの、手元の資金が足りないという話を作り上げることもあります。

また、仕事を言い訳にしている事もあります。例えばお仕事の為に、英語力が必要になったという話ですね。語学力を身につける為には色々と費用がかかるものですが、資金不足なのでお金を貸して欲しいという言い訳もあります。そうかと思えば、免許を言い訳にしている事もありますね。仕事で免許を取らなければならず、お金を貸して欲しいという言い訳もあるようです。結局のところ第3者や仕事を言い訳にしている方々が多いようですね。

ただ上記のような言い訳を考えるのも、色々と大変です。金融会社から借りる時には、上記のような言い訳は必要ありません。ですので親戚からお金を借りるよりは、ある意味金融会社の方が気楽な一面があると個人的には思います。

金融会社からお金を借りる時の主な審査基準は年数と安定性

金融会社から借りる時の審査基準としては、年数と安定性があります。

まず前者ですが、いわゆる勤めていたり住んでいる長さを指します。金融会社に対する申込書には、勤続年数や居住年数といった表現が用いられている事が多いですね。

そして年数は、基本的には長い方が有利になります。例えばお勤めの年数が半年足らずの方よりは、3年や5年など長い方がお金を借りやすくなる傾向があるのです。金融会社としても、腰が落ち着いているという印象を抱くからです。また住んでいる年数も同じです。

具体的に何年くらいなのかが、金融会社によって様々ですね。1年目安という会社もあれば、半年前後でも問題ない会社など色々です。

それともう1つの安定度とは、所得に対してです。所得は安定度が高い方が、借りやすい傾向があるのですね。毎月の収入がバラバラな方よりも、ほぼ一定している方が借りやすい傾向がある訳です。思えば上記の勤続年数からも、安定性が垣間見えますね。勤続年数が5年の方などは、安定していると見なされるのでお金を借りやすい傾向がある訳です。

ただその基準も、各社様々です。比較的借りやすい会社もあれば、やはり厳しい会社などもありますね。一般的に銀行などは、やや厳しめな傾向がある訳です。